Riyon's Room

ヨーキーの「リヨン」が仲間入り♪ 兄弟+妹犬の 愛しい部屋。

=記録= りよんの病気。

Posted by リヨンママ on

⑩


*.:。(o ´∀` o):.* よ゜:: う.。: こ..*.そ゜:..(o ´∀` o)。:.*
Welcome to *Riyon's Room*






今日で11月も終わり、、、




明日から大事なリヨンのお誕生月の12月。




HAPPYに過ごしたいなぁ~




やっと飲み込めたので、、、なかなかゴックンできなかったの。




リヨンの病気の事を記録しておこうと思います。




10月のこの記事




今までと違うリヨンが、気になってた。




小金井公園へ行った数日後の夜。




突然飛び起きたリヨンは、、、別犬だった。




発作だ!発作起こしてる。




リヨンをすぐ抱っこしたけど、兄ちゃんに代わってもらった。




動画を撮らなくちゃ。




抱っこされてるリヨンは、、、ジッとママを見る。。。




きっと、、、わたしは どうなっちゃったの~?って思ってるんだろうなぁ~




リヨンを降ろしたら、フラフラ転びそうに何度もなりながら、




動画を撮ってるママを見つけて、よたよたママの方へ来る。




ママ抱っこだね。もういいよ~歩かないで、抱っこするよ。動画は終わり。




ママ抱っこで落ち着いたリヨンは、いつものリヨンに戻っていた。ホッ




身体の右側がおかしかった。左脳がやられたかも・・・・・・。




翌日病院へ行って動画を先生に見てもらった。




即詳しい血液検査を、、、異常ナシ。




内臓からの発作ではない。やはり脳。




動画を見て、この発作はてんかん発作ではない。




『特発性前庭疾患』


「特発性」というのは「原因不明」という意味です。
この病気は主として突然、しかも中年~老齢の時期に起こる病気で、
犬種に関係なく、どの犬にも起こります。
そして前庭の病気の中では内耳感染に続いて、
2番目に多い急性の前庭異常です。
参考→






やっと受け入れることが出来たのでblogに記しておきます。




発作後もしばらく症状が出るようなのですが、、、
リヨンは発作後すっかり戻っていて、何の症状も残っていません。
軽い発作だったのかなぁ~






この病気は対処法も、治療法もありません。
まだ謎の多い病気なのね~
リヨンの為に何でもしたいのに、何もできない事がつらい。






りよん。

まだ7歳なのに、、、って思ったけど・・・もう7歳なんだよね~
犬の7歳は厄年だもんね。。。。



リーちゃん!ママが守るよ。絶対守るからね。









応援ポチッ!よろしくです。
にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ
にほんブログ村
ありがとう

今日もリヨンに会いに来てくれて


遊ぼう!って誘ってくれたお友達。。。
遊びたいんだけど、、、会いたいんだけど、、、
車に乗せて出かけることが、リヨンの負担になってしまうんじゃないか?
また発作を起こしたらどうしよう~と、お返事出来ずにいました。
ごめんなさい。もう少しもう少し私の気持ちが強くなったら、また遊んでくださいナ。


コメントありがとうございます。
    コメ欄おやすみです!
スポンサーサイト